のんびりまったり書きます。 日々のつれづれをつらつらと。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
歌というもの
2007-08-23 Thu 22:02
昨晩、NHKの「SONGS」っていう番組を見ました。
取り上げられたのは徳永英明さん。

歌ってすごい、そう思いました。
徳永英明さんの声ってなんだろう、他の人には真似のできない安心感があるのです。

こんな風に記事にするからと言って、私は特にファンであるというわけではないのです。
彼のファンは私の弟でした。

学生の頃、題名の分からない彼の歌を聴いた弟に「徳永英明のCDを買ってきて欲しい」と言われたのが出会いです。
当時ゲームを題材にしたアニメ(だったかな?)の主題歌が出ていて「夢を信じて」って題名でしたかね。それを買ってきたんですけど、弟が「違う」と言うんです。
あと知っているのはエアコンの宣伝の「風のエオリア」だと言ったら、それも欲しいと言うので購入しました。聴いてみてまた「違う」と言うんですよね。

じゃあ、歌詞とか少しでも分からないの?と聞いたら、「ラジオがどうとか言ってた」と言う。
もうアレしかないじゃないですかw

ってなわけで「壊れかけのRadio」に辿り着いたわけで。
そこからがすごかった。
弟は怒濤のようにCDを買い漁り、部屋からは毎日徳永英明の歌声が流れてくる・・・。嫌でも覚えるよって感じになってましてね~。
聴きすぎてちょっとしたお腹いっぱい感が漂ってました。

月日は流れ、2000年に「もやもや病」という原因の分からない脳の病気にかかり、もう歌手としての活動はダメだろうと思っていたのに、見事歌の世界に復帰しました。
病気と闘う中でもきっと歌が彼の支えだったことでしょう。

そんな試練を乗り越えて、ここ数年、徳永英明さんは「vocalist」っていう女性シンガーのカバー曲を集めたCDを出しています。
最近出た物が3作目なんですが、選曲は古いけれどとてもいいです。
どの歌も原曲がどうとか持ち歌の方々と比較するとかそういう邪念抜きで、歌という物自体を表現しているって思うんです。
歌の本質を見せてくれる歌手なんだなと思えるのです。

何か一つでも人に伝える物があるって、すごく素敵なことだなと思います。
スポンサーサイト
別窓 | [日常]ひとりごと | コメント:1 | トラックバック:0
<<ああ、バレンシア~ | まったり生活 | 来ましたね~>>
この記事のコメント
きょうみかんは、
きょうみかんは、ルルとページみたいなお話しするつもりだった?
でも、旅されたみたい…
でも、えれーなと、放送する?
それで争奪しなかった。
2007-08-26 Sun 08:51 | URL | BlogPetのみかん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| まったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。