のんびりまったり書きます。 日々のつれづれをつらつらと。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
エリザベートについて
2007-07-22 Sun 21:57
今年の3月にウィーンに旅行したこともあり、エリザベートな上半期でした。
旅行はもちろんシシィミュージアムにどっぷり浸かりましたし、現地で写真満載の解説本を買ったし(まだちゃんと読んでません)、関連本を何冊か読んだし。

ってことで、ワタクシ観。
エリザベートって実は精神的に自立できていない女性だったんだなって。

そりゃ、規則に縛られたくない気持ちも分かりますが、自由を求める自己中心的な考え方だけで世間を渡っては行けませんよね。

ウィーンのシシィミュージアムに行くとけっこう愕然とするんです。
現実逃避が激しい様子とか、他を受け入れようとしない頑固さとか、美への神懸かり的な崇拝が際立っていて、人の優しさやありがたみを素直に感じられる人間ではなかったようです。

夫のフランツは家族思いで、彼の居室の机には子供達の写真が飾られているし、壁にはエリザベートの肖像画が掛けられているんです。
なのに、シシィの部屋には皇帝関連は一切なく、お気に入りの三女のマリー・ヴァレリーの写真と自分の実家の家族の写真くらいしか飾られていないんです。

なんか彼女の足跡に触れるにつけ、かわいそうな女性だなって思ってしまいました。
スポンサーサイト
別窓 | [宝塚]宝塚全般 | コメント:2 | トラックバック:0
<<ダメな人 | まったり生活 | 雪組エリザベート>>
この記事のコメント
東宝版はけっこう批判的(ウィーン版に忠実?)に描かれているよねー。
ヅカだとスミレコードがあるから、美化してるけどね。

フランツが歩み寄ろうとしているのに、頑に拒んだりして。。。ちょっと悲しいなあって思ったんだよねー。
2007-07-23 Mon 22:05 | URL | mai-zo #-[ 内容変更]
ウィーンでは全然人気なかったらしいよ、シシィは。
まぁ、わかるけどね。療養と称して自分の国にほとんどいないんだもんねー。

フランツってけっこうすごいんだよ。彼だからこそ耐えられたんじゃないかってくらいかなりビシビシ教育されたらしい。体育会系だったらしいwそれと同じ教育を文化系のルドルフにしようとして失敗したとか・・・。
2007-07-25 Wed 20:00 | URL | えれーな #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| まったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。