のんびりまったり書きます。 日々のつれづれをつらつらと。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
「ホリデイ」
2007-04-25 Wed 22:01
本日「ホリデイ」を観に行ってきました。

何だったか記憶がない映画を観に行った時にこの映画の予告を見てなんとなく見たいなぁと思っていたんですが、公開されてからなんだか色々あって行けないでいたら、会社の近くのシネコンのHPで「今月30日まで」って書いてあったからあわてて行ってきました。

感想書いたらなんだか長くなっちゃいました。。。
感想としては、「人生に一度だけ、誰にでも運命の休息がある」っていうキャッチコピーは感じられなかったけれど、ハートウォーミングなラブストーリーだったな~。

軸になっているのは「ホームエクスチェンジ」。お互いの生活をとっかえるって話です。
キャメロン・ディアス(アメリカ)とケイト・ウィンスレット(イギリス)がどっちも失恋して、自暴自棄になって淋しいクリスマス休暇をお互いの生活を取り替えて過ごし、最終的には知らない土地で新しい自分(要は恋ですよ)と出会うって感じでしょうか。

映画の中で「今流行ってるのよ」って言っていたけれど、外国人の方ってそんな大規模なお遊びするんですか?
自分の生活一式を他人と交換するなんて考えられないんですが!?
私は他人に自分の引き出しを開けられると考えるだけでゾッとしますが。。。って前に、エクスチェンジできるほどのきれいな部屋ではありませんw

クリスマスの扱いがやっぱりすごいことを見ると、生活や考え方が宗教に支配されるということが外国では当たり前のことだと感じました。
私は個人的に日本人は礼儀作法やしきたりは重視するけれども宗教についてはかなり寛容な民族だと思っています。宗教絡みの祭日って案外ないものですしねー。

あまりキャメロン・ディアスが好きではないのですが、成金の尻軽なアメリカ女の典型って役はピッタリでしたw
だけど、落ち着きのない感じが終始お気に召しませんでした。ジュード・ロウとくっついちゃうのもヤダー。

一方のケイト・ウィンスレットの役は男に振り回されはするけれど落ち着いた性格設定で好感が持てました。
映画の脚本を書いていたという老人とのエピソードが素敵でした。
最終的にくっつくジャック・ブラック(職業は作曲家かな?)が彼女の役名「アイリス」のテーマ曲を作ったシーンが良かった。


私は個人的にケイト・ウィンスレットが好きで、彼女の出ている映画はけっこう観ています。醸し出す雰囲気が私好み。
役者魂というか、常に違う役作りをして来るというか観る側が驚くほど映画ごとの印象の違う女優さんです。

一番有名なのはやっぱり「タイタニック」ですが、彼女はこの映画をきっかけにいくらでもハリウッドでやっていける状況下にあったにも関わらず、メジャーではないイギリス製作の映画に出たりして自分のスタンスを変えなかったのはさすがだと思います。

女優にしては太めの体型も「ハリウッド女優はガリガリでおかしい」ので私はそういうことにとらわれないと発言したり(私もそれに関してはもっともだ思うけど)、その辺も好感が持てるのかも。
スポンサーサイト
別窓 | [趣味]映画 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ひどいな・・・ | まったり生活 | さくら♪>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| まったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。