のんびりまったり書きます。 日々のつれづれをつらつらと。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
来年の予定出た
2006-12-15 Fri 18:35
来年下半期の宝塚の公演が発表されましたね。
星組に特化して感想をちょっとだけ。


星組
◆宝塚大劇場:2007年11月2日(金)~12月15日(土)
<一般前売開始:2007年9月29日(土)>
◆東京宝塚劇場:2008年予定

グラン・ステージ
『エル・アルコン―鷹―』
~青池保子原作「エル・アルコン―鷹―」「七つの海七つの空」より~
脚本・演出/齋藤吉正

グラン・ファンタジー
『レビュー・オルキス―蘭の星―』
作・演出/草野 旦

花の女王と呼ばれるほどに人々を魅了してやまない蘭の花をテーマに、気品高く、華麗で美しく、また妖しく神秘的な世界を、熱帯の熱く激しい地方を舞台に描いたショー作品。

■主演・・・(星組)安蘭けい

わぉ、お芝居は漫画みたいだからストーリー性があるかなって感じですが、ショーは妖しげじゃないか!
蘭の星ってとうこさんのことそのまんまじゃん、とプチツッコミ。
熱帯って熱い(暑いじゃないのかな?)とは思うけど、激しいのかな?w蘭の花に食われてしまいそうな雰囲気さえ感じます。
なんか2公演続けて「妖しい」づいてるとうこさんですねー^^
まさか花の被りものとかしないよね?ライオン・キングみたく草の役とかイヤだよw


星組
博多座公演
2007年8月1日(水)~8月23日(木)
<一般前売開始:2007年6月9日(土)>

ミュージカル
『シークレット・ハンター』
-この世で、俺に盗めぬものはない-
作・演出/児玉明子

ロマンチック・レビュー
『ネオ・ダンディズム!II』
-男の美学-
作・演出 岡田敬ニ

宝塚の男役の美学を追求した、ロマンチックでエキサイティングなレビューで、2006年湖月わたるを中心とする星組で上演し、大好評を博しました。今回は、作品の持つ色合いはそのままに、新生星組のために新たにリメイクしての上演となります。

■主演・・・(星組)安蘭けい

シークレット・ハンターにはとりあえずふれないとして、ネオ・ダンディズムⅡってのがすごいね。
サヨナラ公演だったショーを使うって事だから、どの場面を持ってくるのかなっていうのがあって。
さすがに惜別のシーンとかはないと思うんですよねー。
ネオダンは明るいシーンと涙のシーンがあってその感情の高低差がショーの良さだったように思うので、場面が削られれば意外にメリハリのないショーになるんじゃないかと・・・。

とうこさんってスタイリッシュな感じがするけど、ダンディーな感じではないんだよなー、私個人としては。
スポンサーサイト
別窓 | [宝塚]安蘭けい | コメント:0 | トラックバック:0
<<初日 | まったり生活 | ちょっとビックリしたこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| まったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。