のんびりまったり書きます。 日々のつれづれをつらつらと。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
夢幻のごとく
2006-11-14 Tue 21:42
行って参りました、星組「愛するには短すぎる・ネオ・ダンディズム」の千秋楽。

寒空の中朝から入りを見て(人混みで見えていたかどうかさえ怪しいけど)、公演を観て、出もしてきました。

でも、千秋楽は紗がかかったようでまるで幻のようです。
その時のことを人と話すとおぼろげに思い出すんですが。。。
CSの映像を見ても人事のようで、あの場に自分がいたことさえ夢のようです。

この一つ一つの場面が、セリフが、歌が、舞台上の全てが、本当にこれで最後なんだとそう思うだけで切なくてたまりませんでした。
出演していないのに、耐えられないほどの緊張感があって。

けど、お芝居はしんみりムードでした。
いつも笑いが出るところで笑いが起きなかったり。
セリフのタメにそこはかとない切なさを感じたり。
特にラストのフレッドとバーバラの歌がこの芝居の全てを、星組を感じさせました。
アンソニーがフレッドに言うセリフ前のタメとため息が、そして握手の瞬間がスローモーションのように印象的でした。

サヨナラショーの準備ができるまでの間に緞帳前で退団者を紹介する組長さんの挨拶がすばらしくて。一人一人にあたたかい言葉を贈っているんですが、それだけで涙が溢れます。

挨拶の中ではエンディーのは絶品で。ほとんどの人がそうだったと思いますが、涙がだーっと出ました。
とうこさんにありがとうとお礼を言ったときに、とうこさんが涙をこらえて耐えに耐えている様子が痛々しかったです。
いつもお約束のように泣いてしまうとうこさんも、今回の公演の中ではかなりキていたようですが、涙を流さずに演じきった姿に役者魂を感じました。



実を言うと、私の席はなんと最前列だったんです!!!

SS席隣のS席。ちょい上手側(千秋楽ではしーちゃんが降りてきた)階段のすぐ近くです。
あの席はものすごかった。

前述の通りドンキホーテの時にしーちゃんが降りてきたし(私の隣の方は衣裳がこすれるほど近かったですよ)、すずみんかしーちゃんかどっちかの起こした風がとてもいい匂いでした(←変態チック)。
拍手を捧げたらとなみちゃんが目を細めてちょっと小首をかしげた笑顔くれたし。

All By Myselfのとうこさんが目の前(正しくは上)で絶唱でしたもの。
しかしとうこさんは最前列には目線くれず
滝のように流れる汗が気持ちがうんとこもっているのを表していました。

サヨナラショーの客席降りをしたわたさんが一列目の前を歩いてきて、私たちの前にも来ました!!
私自身がヒール履いていたので(167cmくらい)目の前で歌うわたさんは意外と大きく感じませんでした。
目の前だから目は合ったはず!この距離では幸せな勘違いでもないですよねw

あとはターンしたりするとスパンコールが飛んできたり、羽が舞ったり色々見ました。

たぶん私はもう生で千秋楽は観ないと思います。
贔屓であろうと無かろうと、あの会場に漂う空気は(バーバラじゃないけど)苦しいよ。
スポンサーサイト
別窓 | [宝塚]観劇記録 | コメント:2 | トラックバック:0
<<もうすぐ3万? | まったり生活 | 瞳子さんがトップになった日>>
この記事のコメント
日曜日はおつかれさま!
寒空の下で、よく頑張ったよねー(笑) 
いまでも、もうわたるさんがいないなんて信じられないんだよね。 
でも、あの清清しい顔みたら、幸せになれー!て私も言いたくなっちゃった(笑)
2006-11-15 Wed 00:32 | URL | mai-zo #-[ 内容変更]
うん、お疲れさま。
あんなに寒くなるとは思わなかったし(わたさん効果か?)。

なにはともあれ、わたさんを無事お見送りできたことが感無量です。
ほんとに清々しい良い表情してたよね。
やり遂げた人間の顔をしてた。
2006-11-15 Wed 20:47 | URL | えれーな #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| まったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。