のんびりまったり書きます。 日々のつれづれをつらつらと。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
落ち着いたところで
2006-06-30 Fri 21:16
昨日はホントうれしい日でした。
瞳子さん、トップになるのですね。
一番大きい羽を背負って大階段を最後に下りるのですね

今年3月下旬に学生の頃から好きで、テレビでは何度も見た宝塚のベルばらを初めて生で観て、しかも瞳子さんのオスカル
その衝撃は今も忘れられません。

何の予備知識もなく観に行ったものですから、プロローグで絵からオスカルが出てくるなんて知らなくて。絵が開くと衣装を着た安蘭けい様が!!双眼鏡でロックオン状態でした。
まさに撃沈って感じ。
どの場面も目で追ってしまうほどで、自分でもよく分からないほどにはまっていったのを思い出します。

ブイエ将軍に「女」だからと自分の存在さえも否定されているかのようなセリフを言われて憤るシーンとか、アンドレが橋の上で撃たれて、「アンドレーー」ってベルナールを引き倒すほどの勢いで叫ぶところ、
なによりも圧巻はバスチーユのアンドレ絶命後の「シトワイヤン。。。彼の犠牲を無にしてはならない・・・」の涙ながらの演技。

観た日はご飯食べられなくなるほどの衝撃で、一気に宝塚の世界にはまってしまいました。

ワインを飲みながら、あの感動を今更ながらに思い出しました、昨日は。
スポンサーサイト
別窓 | [宝塚]安蘭けい | コメント:0 | トラックバック:0
<<いざ横浜へ | まったり生活 | 拍手のコメント返し>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| まったり生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。